どうでもいいこと 日記

貧乏人ほど、物が捨てられない?

投稿日:

物を捨てる断捨離が流行った事がありました。
今でも、そうなのかもしれませんが、
なんでも、かんでも、ポイポイ捨てるわけではないです。
使わない不要な物を捨てると言うものです。

物を大切にする事は、確かに大事です。
大事ですが、誰かにあげることも出来ないような物なら、
その商品の価値も薄いでしょうし、今までの、
感謝の気持ちを込めて捨てる事は、
悪い事ではないような気がします。

だけど、貧乏人が物を捨てられない理由の多くは、
そんな事ではなくて、また、いつ使う事になるか分からない。
捨てたら、その時に、買えないと言うような心理が働くからです。

だから、貧乏人ほど、物に対する執着が強くて、捨てられません。
そして、家の中が、どんどん、ゴチャゴチャになります。
ゴチャゴチャになれば、なるほど、エネルギーの滞りが悪くなり、
良いエネルギーが入りずらくなります。

確かに、捨てたら勿体無いと言う気持ちも大事かもしれません。
しかし、狭い部屋に、勿体無いと色々な物を積み重ねていれば、
いつしか、ゴミ屋敷のようになってしまいます。
それでは、自分だけではなく、家の中にある、それらの物達も、
息苦しい思いをしている事だと思います。
だから、お互いに、スッキリして、気持ちよくなって、
清々しい風を入れた方が、自分の為でもあり、
使わなくった物達の為でもあると思います。

お金持ちの家は、物が少ないと言います。
衣裳部屋があったり、高級家具などがあって、
物がたくさんあるように見えたりしますが、
家のスペースの割に、物は、少ないはずです。
金持ちの家には、本当に必要なモノだけが、
置いてあるパターンの方が多いと思います。
逆に貧乏人は、家のペースの割に物が多い。
貧乏人ほど、物に執着しているので捨てられない。

だから、金運を上げる為にも、
断捨離は、効果的と言われています。

狭い家だと、収納なども、難しいので、
最近だと、トランクルームを利用する人もいますが、
貧乏人であれば、そんな金銭的余裕も、なかったりもします。

私の家の中を見渡しても、スペースを
取っているなと思うものは、まず、服ですね。

だから、私の個人的な意見として、
夏服は、20着。冬服は、10着。
これ以上、多い服は、処分してもいいのではないか?と思います。
特に夏服なんて、今なら100円ショップでもTシャツが買えます。
だから、それほど、必要ないのではないか?とも思います。
しかも、夏服は、薄いので、冬服に比べて、スペースを、
それほど、取らないし、冬服に比べて値段も安いので、
次の時期に、足りなかったら買えばいい。
だから、20着もあれば、十分だと思います。

また、例えば、めちゃくちゃに太って、昔のズボンが入らない。
それは、過去の自分の事なので、
過去の自分が、履いていたズボンは、捨てればいい。
一度は、過去の自分と決別をすればいい。
そして、また痩せた時に、新しい自分として、
新しいズボンを購入すればいいと思います。

捨てる神あれば、拾う神あり。
捨てたら、そこに新しいエネルギーが入る。
だから、貧乏人ほど、断捨離をやった方が、いいのかもしれません。

スポンサーリンク



-どうでもいいこと, 日記

Copyright© 思考の治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.