スピリチュアル 世の中の事など 日記

地球の次元上昇・アセンション2022年

更新日:

前々から、言われていた事ですが、
スピリチュアルな世界では、
アセンションと言う言葉が言われていました。
最初は、2012年を境に大きく変わると言われていましたが、
天地を揺るがすような事は、起きなかったと思います。

だけど、あれから、徐々に、
その流れは、始まっているように思います。

そもそも、アセンションとは、何か?と言う事ですが、
多くの人の話で、共通しているのは、
今までの地球よりも、平和で明るく、楽しい世界になっていくと言う事です。

だけど、その波動に同調できない人達との、分離も始まっている。
また、地球を浄化する為に、膿出し、アク出しが行われている。

今の現状の自分を見て、不平不満を思う言う事が多くないか?
不平不満を思う事が多くないか?問いかけてみてください。
思い当たる節があるのなら、まだ、アセンションは、出来ていないでしょう。

アセンションをすると言う事は、地球の浄化。
浄化されるには、人々の体内に溜め込んでいる色んな思い、
感情も、解放する必要があると思います。
アセンション前に、今日まで自分がやってきた、
過去の清算があるはずです。

アセンションは、その、プラスマイナスが、
ゼロになった状態の人から飛び立てるのかもしれない。

相変わらず、ネガティブいっぱいで生きている人達は、
アセンションする地球には、行けないでしょう。

2012年のアセンションがあったか、なかったか、
私には、分かりません。分かりませんが、2020年も、
一つの境目なので、アセンション的な事は、あると思います。

だから、2012年、2020年、2022年と言うような感じで、
段階を得て、アセンションをしているような気がします。

一気に加速したら、地球の内部にいる多くの人間が適応できないと思います。
波動が違い過ぎれば、人間など、一瞬で消滅するかもしれません。
だから、いきなり大きすぎる波動上昇は、しない。
それが、今の、地球や宇宙の優しさなのでしょう。

前回、言われていたのが、2012年で、
一大イベントと言われていましたが、見えない世界の事はともかく、
見える世界としては、そこまでの一大イベントではなかったと私は、思いました。
だから、10年遅れの2022年に、持ち越された要素も、あると思います。

2022年が大きな節目になるのではないかと私は予想しています。
それを裏付ける証拠も何もないのですが、感覚として、そんな気がしています。

そして、アセンションとは、パラレルワールドへ、
移行する為の強化期間であるような気もします。
地球が二極化するとか、分離するなどと言われたりもしますが、
それぞれの持つ人の波長状態によって、行くべき世界が決まる。

ネガティブな要素が濃い人は、よりネガティブな地球へ。
ポジティブな要素が濃い人は、よりポジティブな地球へ。
だけど、似たり寄ったりの人達がいるので、
ネガティブな地球へ移行しても、それほど苦しくはないらしい。
むしろ、今までよりも、楽に思えるかもしれない。

勿論、ネガティブとポジティブな世界であれば、
当然の事ながら、ポジティブな地球の方が楽しい世界です。

だけど、今、楽しくない人は、楽しくない世界へ行き、
今、楽しい人は、楽しい世界へ行くようなものです。
だから、現状としては、分離をしても、それほど、
目の前の現実は、変わらないと思います。

だから、分離した地球に、移行しても、
移行したとは、すぐには、気づかないでしょう。
ネガティブな地球に行った人は、まず、気づかないと思います。

ポジティブな地球に行った人は、しばらく経つと、
周りにいる人達が、今までよりも、楽しくて明るい人達が多い。
ネガティブな要素が減ってきたり、段々、見当たらなくなって、
これは、もしかしたら、アセンションしたのかなぁと、
ポジティブな地球に移動したのかなぁと、
感覚的に分かったりする事もあると思います。

しかし、どちらの地球に行こうとも、自分にとって、
合わない人や嫌な人は、今までよりも全然、減っている。
だから、どちらでもいいんですね。
アセンションと言っても、今の延長なんです。
いきなり、ドカーンって上がらない。

いや、上がらない事もないですが、
ドカーンって上がるには、それだけ、
反対の要素である、ショッキングな出来事を、
ドカーンと受けて、勢いをつけないと無理が生じると思います。
それは、個人レベルでも、地球レベルでも、同じだと思います。

ポジティブな地球に行っても、
ネガティブな地球に行っても、
波動が違い過ぎる人は、消滅したかのように見えます。
もう、波動領域が違う人は、いないのです。
今まででも、その要素は、あったのですが、
その差が激しくなったのが、分離であると思います。

今、自分が抱えているモノの度合い。
ネガティブな要素が濃いか、
ポジティブな要素が濃いか、
これによって、行き先は、ほぼ、確定しているでしょう。

by カエレバ

どちらがいいとか、悪いではないですが、
ポジティブな地球の方が、楽しい濃度が濃いです。
今までよりも、出来る事の幅が広がります。
色んな能力も開花します。今までよりも、
使える力の幅が広がります。

ネガティブな要素をたくさん抱え込んでいると、
人間が本来持っている能力の開花ができません。
だから、ネガティブな地球は、今の延長です。
延長ですが、綺麗事などを言う人が周りから消えるので、
そちらの世界は、そちらの世界の人達で楽になります。

だから、どっちに行っても、精神的な負担が軽くなるのです。

しかし、ネガティブな感情をたくさん抱え込みながら、
ポジティブな地球に行きたいと願う人もいるでしょう。
そうであれば、ネガティブな要素の克服が課題だと思います。

不平不満や、人を嫌味嫌ったり、怒ったり、
イライラしたりなどの、マイナス感情の克服。
人間だから、誰しもが持つ事だと思いますが、
その機会を段々と、減らしてく。
その事をいつまでも考えすぎない。

なるべくは、手放していくようにしてください。
マイナス的な思考から、パッと切り替えて、
楽しい事を考える思考の習慣付けが課題になると思います。
だけども、その事に気づくだけでも、随分と、波動が変わります。
高い波動は、軽い。笑いとか、感謝とか、嬉しいとか、穏やかとか、
ぜんぶ、軽い波動です。軽いから風船のように浮かぶんです。
軽いから、楽なんです。軽いから天に近いんです。

自分の波動が、今、重いなぁと感じたら、
軽い方の波動になるように意識を向けてみてください。

アセンションとは、悪いものを出し尽くした後に、
そちらの世界に移行すると言う事だと思います。

2020年に、東京オリンピックがあります。
その時に、変化の予兆が起きるかもしれません。

アセンション2023年・・・

スピリチュアルな話では、今年、2019年、
来年、2020年がアセンションの年だと言っている人もいます。

スピリチュアル大学の吉岡学さんは、
ご自身のブログで、「2023年 審判の日」と言う
記事を書かれています。それは、恐ろしい内容も含んでいます。
しかし、それは、2010年に吉岡学さんに降りた啓示であるそうで、
今は、2019年なので、別のタイムラインに
変わっている可能性もあると思います。

また別の所では、2019年~2023年にかけて、
地球の浄化がより本格的に進むと言う事も言われています。

良き予言もあれば、悪き予言もあるのですが、
浄化と言う意味においては、どちらも同じであると思います。
本当に浄化し切って、地球が次なるステージに進む為には、
地球の内部を、すべて綺麗にする必要があるのでしょう。
そして、個人の心や魂も綺麗に祓い清める必要があるのでしょう。

だから、一見、とても恐ろしい出来事を見たり体験する事も、
もしかしたら、あるかのかもしれません。だけど、それらは、
一時的な、苦しみであると思います。
それも、アセンションに向けて起きている事。

地球の分離、二極化などの話もありましたから、
2023年までに、個人レベルの事は、
自分で浄化しておかないと恐ろしい事になると言う、
戒めでもあると思います。むしろ、2023年と言うのは、
2022年までにアセンションできなかった人の
最後のチャンス的な流れかもしれません。

だけど、年号は、確定的な事では、ないと思います。
最初は、2012年で大騒ぎしていたので、
そこから徐々にゆったり加速して今に至っていると思います。

だから10年後の2022年と言うのは助走期間も終わり、
スピードに乗って跳ね上がる時期だと思います。
2022年と2023年は、その波に乗れたか、
乗れていないかの分かれ目かもしれません。
2023年は、天下分け目のアセンション???

そして、2022年にアセンションの
波に乗れる人は、2022年2月22日に、
別次元に移動するかもしれません。
2022年2月と言えば、
2021年が終わってすぐなので、
残された時間は、少ないかもしれません。

しかし、それでは、
多くの人がまだまだ、
間に合わないと思うので、
2012年アセンションと
騒がれた時期よりは、厳しいかもしれませんが、
それほど、恐ろしいような事は、
起きないのではないか?と私は、思います。

だけども、敢えて恐ろしい事を言うのであれば、
日月神示とアセンションの話も共通項がありますね。

しかし、2020年とか2022年とか、
本当にすぐで近すぎて、実感できない人も多くいると思いますし、
結局、何も起きなかったじゃないかと感じる人も多いと思います。

今、焦りすぎている人の為に言っておくと、
目に見えて大きな違いが分かるようになるのは、
2032年、2033年が大きな節目だと言われています。

並木良和さんも今、目覚めた方がいいと話されていますが、
2020年に目覚めのゲートが、完全に閉じるわけではない。
徐々に小さくなり、後、10年ぐらいは、そのゲートは、開かれている。
だけど、そのゲートは、2020年を境に、だんだん小さくなる。

並木良和さんは、散々、目覚めについて語っていますが、
今は、目覚めか、眠りかを選択する時期で、
それが、安定化する時期は、
2032年、2033年だと言われています。
今は、目覚めると決めるだけでいい。今、決めた方がいいようです。

そして、目覚めを決めた時に、足を引っ張るような人が出て来たり、
波動を下げるような出来事が起きたりもしますが、
そこを乗り越える事が課題になると言うか、
本当に目覚めますか?と言うお試しかもしれません。

スポンサーリンク



-スピリチュアル, 世の中の事など, 日記

Copyright© 思考の治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.