ホスト 世の中の事など 読書 TV番組

伝説のホスト・零士さん

更新日:

カリスマホストの零士さんを知っていますか?
昔、よくTV出演をされていて、
メディアのパワーをバンバン使って、
自分の名前を売り込んだ方です。

このような言い方をすると、
ホストとしての実力が、
あまりにないようにも思えるかもしれませんが、
愛本店系列のニュー愛で、23歳でナンバーワンになり、
その後、12年もの間、ナンバーワンであり続けた人です。
愛本店に在籍していた時期もあるらしいです。
当時は、檀さんと言うナンバーワンホストの、
ヘルプであったらしい。

零士さんは、12年のナンバーワンの経験を得て、
独立され、ディオスと言うお店を歌舞伎町に出されました。
その後、六本木、ディオスも出されました。

零士さんがバンバン、メディアに出演するまでは、
ホストクラブと言う存在を知らない人も多く、
ホストと言う仕事がある事を世の中の多くの人は、
知らなかったような時代であります。

また、零士さんが、独立された頃も、
まだ、歌舞伎町にホストクラブの数は、
それほど、多くは、ありませんでした。

だから、零士さんは、ホストの革命児であり、
零士さんが、メディアに出演しだしてから、
ホストの認知度が高まり、
ホストと言う存在を知らしめたと思います。

また、昔は、今と違って、
10代や20代のホストっと言うのは、
少なかったそうで、社会人経験もないうちに、
ホストなんてやるものではないと言うような、
風潮もあったそうです。その流れを変えたのも、
零士さんなのかなぁと思います。

だけども、確かに、今は、30代から、
ホストやるなんて遅すぎるみたいな感じになっていますが、
それなりの社会人経験や人生経験を得てから、
ホストと言う道を歩む方が、もっともらしいのかもしれません。
その方が、人格的な部分では、しっかりした人が、
多くなるのではないか?とも思います。

だけども、どっちがいいかとは、言えませんし、
30歳を過ぎてからだと若さや体力を武器には使えなくなる。
しかし、昔は、30代から始めるホストもそれなりにいたわけで、
その流れと可能性は、やっぱり、残しておいた方が、
よかったのかもしれないとも思います。

今も、30代からホストを始める人もいますが、
そのような人は、少数だと思いますし、
30代以上で、未経験でホストを始めるのは、
今の時代には、敷居が高くなっていると思います。

by カエレバ

零士さんの話に戻りますが、
私も当時、よく零士さんの出演している
TV番組を拝見しましたが、めちゃくちゃ明るくて、
面白い人だなぁと思っていました。

何かのインタビューで語っていましたが、
当時、お店から貰っていた給料は、月に1000万円。
毎日のチップ総額は、それ以上であったらしい。
その当時と言うのは、まだ、シャンパンコールも、
ドンペリコールもない時代であったと思います。
ホストの認知度も、ホスト遊びをする人も、
今より、全然、少ない。
その時代に、それだけの給料を貰えると言うのは、
売上は、どれほどあったのか?想像を絶すると思います。

だけども、昔のホストの一つのメリットは、
バブリー時代を経験したと言う側面もあります。
しかし、昔は、今の厳しさの非ではないぐらい、
ホストの世界は、厳しい所であったと聞きます。

零士さんも、見た目や、雰囲気では、
分かりづらいですが、元、暴走族であったらしい。
だから、根性も、あったのでしょうし、
ヤンキー上がりが多いホストの世界に上手く、なじめたのでしょう。

昔、零士さんが、書いた本を読ませて頂きましたが、
中々、面白いものでありました。

しかし、本を読んで感じたのですが、
零士さんは、色恋営業をしていたのではないか?と思いました。
別に、ホストの世界では、
それが、当たり前であった部分もあるのかもしれませんが、
その世界に、携わった事がない人間から見ると、
少々、エグイかなぁと感じる部分もあります。

そして、カリスマホストが、
現役を引退して、ホストの世界にいても、
イマイチ、パッとしないホストも多い中で、
今でも、その名を知らしめている零士さんは、
やっぱり、さすがだと思います。
芸能界とのパイプが太い事でも、有名なホストです。

私は、零士さんには、
お会いした事はありませんが、
過去にナンバーワンホストだった人や、
ナンバーワンホステスだった人に、
お会いした際に感じたのは、
必ずしも、人格や人間性が、
素晴らしい人達ばかりではないと言う事です。

特に、昔の水商売は、
かなりエグイ要素もありました。
今の事は、分かりませんが、
ナンバーワンと言うのは、
一番売り上げが多い人がなる事は、
昔も今も、同じです。

その目的を達成する為に、
手段を選ばない人がいると言うのも、
ある意味、仕方がない事かもしれません。

むしろ、水商売の世界でナンバーワンである人より、
その辺にいる、普通の人達の方が、
人格やら人間性が素晴らしいと思える人は、
たくさんいました。

勿論、水商売の世界で、
ナンバーワンになると言う事は、
過酷な中で競争すると言う、
それは、大変な事だと思います。
それだけに、綺麗な心を持ったまま、
ナンバーワンになったり、あり続けると言う事の、
難しさもあるのかもしれません。

だけど、昔より、今の時代の方が、
心が綺麗なままで売上を上げている、
ホストさんや、ホステスさんが、
増えているような気もします。

まぁ、気がするだけで、
実際の所は、分かりません。

ホストとして凄くても、引退して会社をやったりして順調に見えても、
10年後、20年後を見た時に、残念な結果になっている元ホストも多い。
そんな中で、10年後も20年後も成功者であり続ける零士さんは、
やっぱり、さすがと言うべきホストだと思います。

また、零士さんは、独立が、ご法度の時代に、
独立したと語っていましたが、
あの当時、既に何店舗も歌舞伎町には、
ホストクラブがありました。

だから、ある一定のルートを通してなら、
独立が可能だったと思いますが、
そのルートの許可と言うのは、
中々、降りなかった事だと思います。

ホストクラブが少ない時代は、
お店を増やされては、
自分の店の客が他店に奪われるなどの事情も
今より大きかった部分もあると思いますし、
零士さんが、ご法度だったと言うのは、
その辺の問題があったような気がします。

昔のホストクラブは、ナンバーワンになった後に、
今みたいに独立と言う流れは、やりずらかったのだと思います。

スポンサーリンク



-ホスト, 世の中の事など, 読書, TV番組

Copyright© 思考の治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.