ユーチューバー

芸能界VSユーチュブ業界

更新日:

今は、芸能人の方も、
ユーチューブ業界に、参入してきています。
あの、元SMAPの草薙さんも、
ユーチューブで自分のチャンネルを開設されています。

ユーチューブが第二の芸能界のような感じになってきています。
超大物になれば、稼ぎも驚きのものになります。
それも、ユーチューバーが注目されている理由の一つでしょう。

だけど、人気商売である事は、芸能界と変わらないと思いますが、
コンプライアンスの問題、知名度、信用度共に、
まだまだ、芸能界の方が、断然上であると思います。

しかしながら、稼ぎにおいては、
有名ユーチューバーの方が芸能人より稼いでいたりもしますし、
経費を少なくし売上を多く出来たり、自由度が高いのも、
ユーチューバーの方であると思います。

芸能人で無名の方であれば、全然、お金になりません。
ユーチューバーでも、そうではあるのですが、
チャンネル登録者数が1万人を超えれば、
一概には、言えませんが、月収10万円前後であったり、
それ以上の月収を叩き出していたりします。

勿論、チャンネル登録者数だけではなく、
動画の質や、再生時間等も関係しているとは思いますが、
チャンネル登録者数1万人以上と言うのが一つの基準であると思います。

有名な方であれば、何十万人、何百万人と登録者がいます。

また、これから始める人であれば、お金には、ならなくても、
チャンネル登録者数千人と言うのが一つの目安になると思います。

そして、人気ユーチューバーになれば、芸能人の方と、
ユーチューブ上でコラボをされていたりもしますし、
ヒカキンさんなどは、よくTV出演なども、されていますね。

ちなみに、ヒカキンさんの月収は、
推定で約1億円だと言われています。
月収で一億と言う事は、年収で12億円です。
まぁ、動画だけでなく、案件なども含めれば、それぐらいは、
貰っていて不思議ではないと思いますし、
ラファエルさんが、年収で2億円だと言っていましたので、
その5倍以上のチャンネル登録者数がいるヒカキンさんであれば、
下手したら、月収1億円以上の収入があるかもしれません。

また、ユーチューブは、チャンネル登録者数が、少なくても、
自分のやりたい事を発信できる、素晴らしい媒体だと思います。

以前、エベレストの登山中に、亡くなられた、登山家の栗城史多さんも、
栗城史多 “Share the Dream”と言う、ご自身のユーチューブチャンネルで、
登山の様子を配信されていたそうです。

その動画などは、今も見る事が出来、やりたい事をやれずに迷っている人達へ、
勇気を与えてくれるものになっていると思います。

栗城史多さんの父親は、
「山に登って、好きなエベレストで命を落としたというのは、
逆に交通事故よりは息子にとって幸せかなと思っていると」
インタビューで答えられたそうです。

勿論、悲しみもあると思いますが、
大好きな山で死ねたなら本望だと言うような、
息子さんの気持ちを代弁したのだと思います。

色々、問題になったりする事もある、ユーチューブですが、
ユーチューブを通じて、多くの人に、
生きる勇気や希望を与えてくれている人達がいるのも、
また事実であります。

栗城史多さん、ご冥福をお祈り申し上げます。
あなたの勇気と生き様は、今も、
動画を通じて多くの方に伝わっています。

スポンサーリンク



-ユーチューバー

Copyright© 思考の治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.