日記

トイレに行けない仕事

更新日:

仕事中にトイレに行けない。
このような事を経験した事がない人には、
信じられない話かもしれませんが、
世の中には、自由にトイレに行けない職場と言うのが結構あります。
厳密に言うと、行く暇がないと言った方が正しいかもしれません。

私も、色んな仕事を転々としてきましたので、
色んな職場を見てきました。
トイレにも行けないような仕事もあったりしました。
トイレが禁止と言うわけではなく、状況的に、忙しかったり、
行く暇がなかったり、人手不足やら何やらで、
自分が、その場を離れられなかったりと、
色んな、それぞれの事情がありました。

だから、どうしても、我慢してしまいます。
例えば、8時間労働で、間の休憩が昼の一時間とかであれば、
前後の4時間は、トイレは、基本、我慢です。

そのような職場では、お昼休み以外の休憩時間も、ない所が多いです。
それは、それで、問題であったのかもしれませんが、
人手不足などの職場では、よくある事です。

しかし、トイレ我慢は、仕事にも若干、影響が出るような気もして、
決して、いい環境とは、言えないと思いました。
いい歳した大人が、仕事中に尿意との戦いであった事もあります。

しかし、行った先の職場が、
ろくすっぽ、トイレに行けない環境であった場合、
いかにして、トイレに行く方法を見出すかより、
いかにして、トイレを我慢する方法を見出すかの方が重要になります。
仕事前には、夏場であっても、水分を控えて調整した事もあります。
体には、悪いのかもしれませんが、そのような環境であったら仕方がない。

でも、仕方ないと思う方が間違っているのかもしれない。
しかし、持ち場を離れられず、我慢もしないと言う事は、
お漏らしと言う事態もあり得る。笑い話ではなく、
実際に、このような事態が発生したと言う話も聞いたことがあります。
それは、我慢しなかったのではなく、我慢しきれなかったのだと思います。
極限までの我慢は、そのような危険性も含んでいます。
だけど、それ以上に多いのが、膀胱炎などの症状ですね。

以前、ネットニュースに、ブラック企業が従業員を、
トイレに行かせないと言うような記事が出ていましたが、
このような問題は、一部の職場では、やっぱり、あるのだと思います。

ブラック企業ではなくても、スーパーのレジや、コールセンター、
工場など、交代要員がいないと、中々、
持ち場を離れる事が出来ないと言うような声も結構あるようです。
私も色々な仕事を経験してきましたが、
本当に、人手不足で、慢性的に忙しい職場だと、
トイレに行く暇もない状態が、当たり前であったりもします。

少し前にネットで見たニュースで、
ブラック企業のスーパーが、
レジ打ち業務をする人達に対して、
トイレ禁止にしてオムツ着用を命じたりして
問題になったそうですが、私の知り合いの
スーパーでレジ打ちをしている人に聞いてみたら、
トイレ禁止ではないけど、行ってる暇もないと言っていました。
そこは、ブラック企業ではないでしょうけど、人材不足で忙しい職場では、
中々、トイレに行けない状況と言うのが生まれるようです。

人間は、ロボットではない。生理現象がある。その辺の問題を解消できるように、
人が集まる職場、人が足りない職場も含めて、世の中、全体で、
このような問題を解決する必要があると思います。

あと、女性に多いようなのですが、トイレに行ける環境であっても、
恥ずかしくて、我慢してしまうなどの事情もあるようです。
彼氏との初デートなら、ともかく、毎日、行っている職場で、
恥ずかしがっている場合ではないと思うのですが、
忙しい職場であれば、トイレと切り出しにくい事もあったりします。

このような事情も、それなりにあるようなので、
それらの事も含めて、勤務中のトイレ問題を世の中、
全体で解決する必要があるでしょう。

これが、今まで改善されてこなかったり放置されてきたのは、
大人なんだから、トイレぐらいで騒ぐな、と言うように、
個人の問題だと思われてきたからだと思います。

確かに、その側面もありますが、
膀胱炎などに、なっている人がいたり、ブラック企業における、
トイレ禁止問題があったり、中々、トイレに行けない職場がある以上は、
やっぱり、このような問題を抱えていては、いけないし、
社会問題として、業務改善の問題として、
一気に解決に導く方法が必要であると思います。

スポンサーリンク



-日記

Copyright© 思考の治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.