どうでもいいこと

睡眠不足解消法 

更新日:

仕事が忙しくて寝る時間がない。
その解消法は、ここでは、省きます。
むしろ、寝る時間は、たっぷりあるのに、寝れないとか、
寝つきが悪いとか、そちらの方の解消法です。

まず、睡眠不足とは、眠っている時間ではなく、
眠りの質の方が重要だと私は、思っています。
睡眠時間が8時間で、浅い眠りよりも、
睡眠時間が4時間でも、深い眠りの方が、
睡眠が取れていると思います。

眠りやすくなる方法についてですが、
私の場合だと、軽く、寝れる程度にお酒を飲むことが一つ。
だけど、私は、お酒は、滅多に飲みません。
飲めないわけでも、嫌いなわけでもないのですが、
特にビールだとお腹が張りやすくなるので、
体調管理という面において、私には、向いていない。
だから、今日は、寝れなそうだと前もって分かる時に、飲みます。
そして、寝る前の3、4時間以内には、コーヒーを飲まない。

もう一つは、寝付きやすいように、今の時期なら、
タイマーで、クーラーを入れる。
何故、タイマーかと言えば、寝る時間や自分の体温状態も、
関係すると思いますが、冷えすぎても、熱くなっても寝れない。
なので、寝付きやすいように、私の場合ですと、1、2時間ぐらいで、
切れるようにタイマー設定します。

まだ、今の時期に付けっぱなしだと、
深夜や早朝に冷えすぎたりもします。
なので、タイマーが役立ちます。
扇風機付けっぱなしも、
私の部屋と私の体には、まだ早いかなぁと言う感じです。
そして、扇風機は、音で寝れないと言うデメリットもあったりします。
しかし、電気代とか考えると、扇風機の方が経済的でもあります。

また、眠ろう、眠ろう、寝よう、寝ようとすると、
そればかりに意識が向いてしまい、逆に寝れないと言う悪循環が働いたりします。
だから、ギリギリでバタンQと言う方が、すぐに寝れたりします。

私は、過去に、肉体労働の仕事から事務職に転職した事がありますが、
それまでの、肉体的な疲れが全然なく、中々、寝付けなかった事があります。
だから、寝る少し前の時間帯に軽い運動をして、体を疲れさせるのも、
眠りやすくなる方法の一つだと思いました。

そして、もう一つ、これをやるのと、やらないのでは、
寝付き具合が、全然、違うと言うものがあります。
それは、自分が気持ちが良い。居心地が良いと感じる事をして、寝ると言う事。
逆にイライラしていたりすると、寝つきが悪い。
なので、何か、自分自身が、スッキリするような事をして眠りにつくと言うこと。
それが、どんなに、くだらない事でも、バカバカしい事であってもいい。
自分自身が、気持ちよくなれる事をして、眠る。

しかしながら、眠れる方法は、個人個人の問題でもあると思うので、
自分の体と生活リズムに合わせて自分なりの眠りやすくなる方法を
見つけるのが、いいのではないかなぁと思います。

運転手の睡眠不足問題

いつだかのニュースで、国土交通省が、
バス・タクシー・トラック事業の
運転手の睡眠不足による事故防止を推進する為に、
睡眠不足の乗務員を乗務させてはならないことを明確化、
点呼簿の記録事項として睡眠不足の状況を追加とありました。

しかし、トラックなどのドライバーが睡眠不足なのは、
仕事が忙しくて、寝る暇もない事が上げられると思うので、
それ以前の問題があるのではないかと疑問に思いました。

ただ、まぁ、実際に、睡眠不足による事故なども起きているそうなので、
仕方がない部分もあるのかもしれませんが、
その前に業務改善の問題が、あるような気がします。
長時間働いて、賃金が安い。それに睡眠不足で運転が出来ないなどの事が加われば、
給料カットで生活が出来なくなるドライバーが続出するような気がします。
睡眠不足が事故に直結するような運転手などの仕事は、睡眠時間の確保や、
眠りやすくなる方法が、普通の人以上に、重要な事であると思いますが、
そについてのバックアップ的なモノも必要であると思います。

今朝のニュースで拝見しましたが、
今の所は、機械などを使って調べるわけではないらしいですね。
だけど、未来的には、そうなっていくと思われます。

スポンサーリンク



-どうでもいいこと

Copyright© 思考の治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.