芸能情報 読書

諸星和己さんに学ぶ

更新日:

元・光GENJIの諸星和己さん。
私、結構、彼の事が好きです。
随分前に、彼の本を読んだ事がありますが、
バカ正直に自分の心を曝け出しているなぁと感じました。


それまで、あまり興味がなかったのですが、
その本を読んだ後から、彼の出演する番組などを見る機会が増えました。
勿論、光GENJIを解散した後のことです。

彼は、天性の明るさを持っています。
だから、スターになれたし、光GENJIを辞められた後も、
スターのオーラを放っているのでしょう。

そして、彼は、目上の人から可愛がられると言う素質もあったと思います。
ビートたけしさんや、和田アキ子さんから、随分、目をかけてもらったそうです。

今は、あまりにテレビに出演されていない気もしますが、
相変わらず、自由に生きているような感じをブログなどを見て感じます。

そして、何かのインタビューで語っていましたが、
一世を風靡した、あの当時より、今の方が収入が多いらしい。
今は、ミュージカルなど、裏方的な仕事をやっているそうで、
やれば、やった分、お金も入ってきて遣り甲斐がある。
だけど、自分は、やっぱり、表に出る事の方が好きだと語っていました。
いつも、何か、楽しそうに語るのが、さすが、スターだと思います。

あの当時、みんなが思っているほどには、お金を貰っていなかったそうです。
現金と言う形ではなく、欲しいモノがあったら、
何でも買い与えられると言う感じであったそうです。
だから、親から子供がお小遣いを貰うような感じであった気がします。
それだけに、世間の相場とか、世間の感覚を知らなかった部分もあったのでしょう。
諸星さんが、港区を買おうと思った事があると語っていた事もあります。

まぁ、あの当時の事を考えれば、事務所的には、
港区を買えるだけのお金もあったのかもしれませんが・・・。

光GENJIを解散された後、諸星さんは、NYに渡ります。
まったくのゼロからのスタート。英語も喋れない。
だけど、元々、東京でホームレスをやっていた所を、
ジャニーズ事務所の社長に拾われてスターになった人。
また、振り出しに戻っただけと言う開き直りもあったのだと思います。

英語もNYのホームレスのおじさんに教えてもらったそうです。
そして、はじめてのバイト経験。ピザ屋さんだったそうです。
まぁ、普通のピザ屋さんでは、なかったそうなので、
大目に見てもらった部分もあったのかもしれません。

だけど、バイト経験がない彼に、周りは、大変だったでしょう?との問いに、
彼は、いや、何でも、楽しんだ者勝ちだからと答えていて、カッコイイなと思います。

そして、もう二度と履かないと決めた、ローラースケート。
だけど、そんなプライドなんて捨てて、子供相手に、
ローラースケートを教えて、お金を貰うと言う流れも出来たそうです。

今は、元メンバー7人とも、プライベートで、よく会ったり、
LINEでグループも作ってると語っていて、周囲の人から、
再結成を促されていました。だけど、SMAPが解散された時も、
光GENJIのメンバーなら、みんな、SMAPが解散した気持ち、
分かるだろうなぁと語っていました。

だから、周囲は、再結成の事を気軽に言いますが、
芸能界やジャニーズ事務所の色んな、闇の部分もあるのかもしれません。
だから、縛られない、今の方が気楽で、自由なのかもしれないですね。

だけど、あれだけの人気があったグループなのですから、
光GENJIにしても、SMAPにしても、解散は、
ジャニーズ事務所にとっても痛手であったと思います。
しかし、メディアでは、言えない色んな苦悩や不満があったのだと思います。

そして、諸星さんは、
やっぱり、一人になっても、輝いています。
だから、スターであり続ける人なのだと思います。

解散した後、色んな事を経験して、
人間的な魅力が増したような気がします。
勿論、年齢を重ねたと言う事もあります。

だから、解散は、個人の力を、より際立たせたり、
自分を磨くと言う意味において、むしろ、よかった事だとも思います。

スポンサーリンク



-芸能情報, 読書

Copyright© 思考の治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.