人間観察 日記 TV番組

小言一言、言われて引きこもり

更新日:

いつだかにTV番組で、
引きこもり特集みたいな番組がやっていました。
番組名などは、覚えていませんが、今でも覚えているのが、
出演者の中に、会社の上司から、小言一言、言われてから、
引きこもるようになったと言う男性がいました。
そりゃ、もう、芸能人の方からは大バッシングであります。

だけども、その人は、それだけ、メンタルが弱かったのでしょう。
そこに至る以前の問題があったように思います。
厳しさに対するトラウマがあったのかもしれない。
あるいは、過保護に育てられ過ぎたのかもしれない。
だけど、一概に、世間一般の価値観で、一方的に、
おかしいと決めつけるのも、間違っているのかもしれません。

世間一般の価値観で言えば、小言一言どころから、
連日、罵声や怒鳴り声を浴びる職場環境だって、
たくさんあります。小言どころではないわけです。

しかし、それに耐えられる人もいれば耐えれない人もいる。
小言一言でも、耐えられる人もいれば耐えられない人もいる。

耐えられない人が少数派だからと言って、その人を単純に、
おかしいと決めつけるのも、もしかしたら違うのかもしれない。

私達も、聞き流した事の中に、
妙にひっかかった一言などもあったと思います。
その症状が拡大して、引きこもりと言う現象が起きたのかもしれません。

そして、小言一言でさえも、耐えられないのであれば、
結局、どこに行っても勤まらなかったでしょうから、
それによって、引きこもった事は、ある意味、正解であったでしょう。

だけども、小言一言で引きこもりと言う事に焦点が行ってしまいますが、
普段、職場でコミニケーションは、取れていたのだろうか?とか、
何故、小言一言で嫌になってしまったのだろう?と言う、
心の問題に向き合う事の方が大切であるような気がします。

小言一言言われて、深く傷ついたり、立ち直れないようであれば、
単純に甘え心の一言では、片付けられないとも思います。

幼少期や学生時代に、何一つ、嫌な事を体験した経験がなかったのか?
あるとしたら、その時は、どうやって対処したのだろうか?

引きこもりって、やっぱり、心の病の現れでもあると思う。
引きこもりは、ダメだ。働けと言う事は、簡単です。
しかし、本人は、普通の人が理解し難い、心の闇を抱えていると思います。
だから、働く前に、心の治療が必要であるでしょう。

登校拒否と言う言葉があります、
社会に出ても職場に上手くなじめず、
溶け込めず、理解されず、勘違いされるなどで、
職場拒否と言う症状になる人は、世の中に、たくさんいます。

ダメだ。働け。心を鍛えろ。
これらは、それが効果的な場合もあるかもしれませんが、
多くの場合において逆効果であるような気がします。
だから、専門家の意見も大切であると思います。

多くの人にも、仕事に行きたくない時や、
仕事が辛くて辞めた経験があると思います。
小言一言で耐えられない彼は、多くの人よりも、
ダメージを受けやすい人であったのかもしれない。
普通の人が受けるダメージが100の所を千倍や一万倍の、
ダメージを受ける人であったかもしれない。

そして、心の闇が内を向くか、外を向くか。

引きこもりの人の中にも、本当に軽傷の人から重症の人までいます。

家の中で引きこもっていて、人様に危害を加えていないのであれば、
まだ、症状は、軽い方だと思います。
外に向くと、人様に攻撃性を剥き出しにしたりします。
急に暴れだしたりして手が付けられない状態の人もいます。
ささいな事で異常なぐらいキレたりもします。
そのような人が事件などを犯している側面も否定できないかもしれません。

ニートの中でも、小言一言、
言われて引きこもると言うのは、まだいい方なのです。
世の中には、小言一言、言われたら、逆切れして、
家族や人様に危害を加えるニートもいます。
実は、そのような恐ろしいニートも結構、存在しています。
関連記事
引きこもりやニートの実態

現代は、引きこもりの人の数も結構いると思います。社会問題です。
中高年の引きこもりだっています。そして、引きこもりの人を批判したり、
否定したりする人達も、本音では、働きたくないと言う部分を持っているのでしょう。
本当に自分が楽しく、活き活きと働いているのであれば、
引きこもっている人が、いようが、いまいが関係ない。
引きこもりの人は、引きこもりの人で、それを活かして稼げばいいと思う。

ネット配信者などは、ゲーム実況などで稼いでいたりもしますし、
ブログで稼いでいる人達もいる。FXなどで稼いでいる人もいる。
引きこもりの人は、基本的に時間は、あるわけなので、
自分が得意な事で、ネットを駆使して稼げばいいと思います。
勿論、悪い事して稼ぐとかは、問題外ですけど、
好きな事、得意な事、それで稼げばいい。

好きな事が分からなくても、引きこもっている間に、
色んな事を体験してみればいい。そして、好きな事を見つけたら、
それを極めればいいと思う。そっから道が開かれるかもしれない。

勿論、精神科に通うとか、色んなやるべきことは、あると思います。
いつか、働きたいと言う意思があれば、徐々にチャレンジしてみればいい。
どうしても、働きたくないのであれば、ネットで稼ぐと言う事に、
チャレンジしてみればいい。そして、簡単に、あきらめない事だと思います。

引きこもりの方には、野田草履さんの話も参考になると思います。

また、ホリエモンさんの話にも、お金持ちの中には、
ニートが大好きな人がいると言っていました。
ニートと友達になって、
会社や家の留守番を頼む人もいるそうです。

勿論、本当に信頼できるニートとしか、
付き合いは、しないと思いますが、
経営者は、多忙で時間がない人も多い。
ニートは、時間が、たっぷりある人が多い。
そのマッチング的な所があるのですね。

スポンサーリンク



-人間観察, 日記, TV番組

Copyright© 思考の治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.