どうでもいいこと

人間わさび抜き

投稿日:

私も人の事を言えた立場ではないですが、
現代人は、昔の人よりも、厳しさを避け、
厳しさから逃げている人達が多いような気がします。

そして、厳しさに耐えられず逆切れしたりと、
色々な問題も出ており、厳しく出来なくなった、
側面も出てきたりしています。教育現場の体罰などもそうですよね。

職人の世界でも、ホストクラブでも、
昔は、殴って仕事を教えるなんて、
ある意味、当たり前であった部分もあります。
今も一部では、そのような所も、残っているのかもしれませんが、
公にそれが出れば、大問題になってしまいます。

だから、時代的にも、厳しく出来なくなった部分もあります。
しかしながら、厳しさを抜いた人間は、寿司から、わさびを
抜いたようなもので、どこか物足りない。なにか物足りない。
そんな人間になってしまう部分も否めない所があるような気がします。

今でも、怒鳴り声ぐらいは、それなりに多い職場環境もあったりしますが、
それをやると、どんどん辞めていかれると言った問題もあるようです。
だから、どうしても、時の流れとして、厳しくしずらくなってきたようです。

これについて、古い人達の意見も大きく二手に分かれて、
一つは、昔の厳しさを残しておくべきだ。今の若い奴らは、ダメだと言う意見。
もう一つは、時代は、変化している。人間も変化している。
だから、時代に合わせた教え方もそうだし、仕事のやり方なども、
時代に合わせて変えていくのは、当たり前だと言う意見。

どちらも、もっともだと思います。
しかし、ワサビも、寿司の味を際立たす事が出来る。
人間も、どこかで、厳しさを残しておきたい所であると思います。

かと言って、厳しさを抜けば、腑抜けになるか?と言えば、
そうではないと思います。だから、今の時代は、
自分で自分に厳しくする時代であるような気がします。

逆に自分で自分を甘やかせてしまえば、
ずーっとワサビのないお子様寿司の状態のままであるかもしれず、
それを指摘して、直そうとしたり、導いてくれると言うような、
面倒見の良い人も減っているのかもしれない。

昔は、頑固で厳しいけど、どこか温かみがある、
そんな人達が、いっぱいいた。

今は、もう、ほっとけって感じの人が増えているように思います。
まぁ、結局、自分の人生だから、自分で決めて、自分で進むのだから、
それでいいのかもしれませんが、そういった意味では、
人から厳しくされない分、
自分で自分に厳しく出来ない人は、
昔よりも、大変な時代になっているのかもしれません。

だから、人に厳しくされていない人は、
自分で自分に厳しくした方がいいのかもしれない。
だけど、それが出来るのであれば、
人から厳しくされるよりは、精神面において、楽かもしれない。
そして、ずーっと自分を甘やかしていれば、
あり得ないほど、厳しい人が目の前に現れるかもしれません。

スポンサーリンク



-どうでもいいこと

Copyright© 思考の治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.