TV番組

元タレント女医・脇坂英理子VS坂上忍

更新日:

過去にホスト遊びなどで、派手に遊んでいた、
あの、有名女医タレントの、脇坂英理子さんが出演された、
直撃!シンソウ坂上(2018年 5月17日)を見ました。

この番組を見る前に、脇坂英理子さんの事は、
動画配信サイト「ふわっち」で配信されているのを、
何度か見た事があります。しんやっちょさんとのコラボ配信や、
他の方との配信、一人配信など、結構な頻度で、配信を見かけた事がります。

結構、ゆるやかに配信されていて、
思ったより、いい感じの子かなぁと思いました。
テレビより、動画の方が、彼女の良さが伝わる部分があると思います。

その後、今回のテレビを見たのですが、
あらからさまに叩かれ過ぎではないか?とも思いました。
だけど、テレビだから、多少の演出やヤラセ要素があったり、
色んな部分が、カットされたりしていると思います。
だけど、決めつけ感で話されると、彼女の伝えたい事が、伝わらない。
勿論、坂上さんや、他の芸能人の方が言いたい事も分かります。

だけど、医者の世界では、よくあった事でもあると思います。
だから、彼女一人を責めるのも、う~んと言う感じです。
まぁ、目の前には、彼女一人しかいないわけで、仕方ない事ですけどね。
番組内でも、日本全国で、不正請求が発覚して返還された金額は、
年間で、100億円近くもあると言っていました。
だから、このような事が、蔓延していると言えば、蔓延しているのかもしれません。
だから、彼女の事は、ニュースで大々的に取り上げられましたが、
それは、それ以前にメディア出演などで、目立っていたからだと思います。
実際には、氷山の一角の出来事であります。

そして、彼女自身も、経営者としての能力が、
ないのであれば、雇われ医師でいた方がよかったと思います。

おかしな人に騙されて、自分が被害者面するのは、おかしい部分は、否めない。

だけど、医師や病院と言うのは、結構、闇の部分があったりします。
勿論、一部の世界の話ではあると思いますが、
それについては、陰謀論などでも言われている事であります。
精神病ビジネスや癌ビジネスなども、
随分前から、言われている事なのに、メディアは、取り上げようとしません。
何故なら、テレビには、医療関係のスポンサーなどがいるからです。

そして脇坂さんの問題に関しても、
彼女一人で、どうこうしようとしても、
難しい問題であったとも思います。
だから、流れとして、あのようになって抜けれた事は、
彼女の為には、逆によかったのではないか?とも思います。

勿論、自分自身の世間知らずな事なども原因で、
その事は、今後も反省して、同じ過ちを繰り返さないと言う事は、
本人も分かっている事だと思います。

だけど、彼女のような存在を狙う悪い業者が、
世の中に、たくさんあると言う事も、
知らなければ、ならない事実であると思います。

また、番組内で、脇坂さんが、ウェブライターと、
動画配信をしている事を語っていましたが、
配信の方が月収70万で、調子が良ければ3桁行くかなと言っていて、
坂上さんが驚いていましたが、ふわっちの実態や、動画の世界の実態を
知っていれば、全然、驚くような金額ではないですよね?

勿論、知名度なども活かされている部分はあったと思います。
だから、今回のテレビ出演で、また彼女の動画を見る人は、増えたと思います。
だけど、それを狙って出た部分は、それほど、なかったように思います。
まったくなかったわけではないでしょうけどね。

あのような事があった後に、メディア出演すると言うのは、
それなりの勇気や覚悟が必要だったでしょうし、
テレビには、出来れば、出たくないのが本音であったような気がします。

ふわっち配信でも、語っていましたが、彼女は、裕福な家庭のお嬢様。
今回のテレビ出演でも、親から融資してもらった金額が、
数億を超えていると言っていました。だから、それを狙った、
黒い勢力がいたと言うのが、妥当であるような気がします。

しかし、坂上さんも、公判記録を全部、読んだと言うのも、
ある意味、驚きでありましたね。

そして、彼女の母親が甘いと言えば、甘いのかもしれませんが、
母親がいたから、彼女も、それ以上の深みにはまらずに、
済んだのだと思います。だから、それについては、もっと、
深く反省して、お母さんに、感謝するべき事だと思います。
それが坂上さんが伝えたかった事でしょう。

だけど、見た目どうこうの話は、
古い時代の人達の価値観であるような気もしました。

スポンサーリンク



-TV番組

Copyright© 思考の治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.