スピリチュアルな有名人  引き寄せの法則

happyさんが教えるワクワクの定義

投稿日:

以前、野田草履さんの記事の所で、少しだけ触れた事がありますが、
アメブロで有名になった引き寄せの法則で有名になったhappyさんと言う方がいます。

エイブラハムの引き寄せの法則に感銘を受け、
それを実践して、結果が出た事をアメブロに書いていたら、
だんだん人気が出て来たそうです。

奥平亜美衣さんなんかも、最初の、きっかけが、
エイブラハムだったそうで、やっぱり、エイブラハムの話は、
一度は、本で読んだり動画で聴いたりした方が自分得かもしれません。

happyさんも、エイブラハムを知る前までは、
皿洗いのバイトをされていたそうですが、
今は、本も出されたり、講演会をされたり、
他にも色んな事をやっているそうです。

happyさんが、教えるワクワクの定義は、
今、この瞬間、最大限のワクワクする事をやる。
自分自身が、その瞬間、瞬間で、楽しむ事を、
今できる範囲内で行動に移すと言う事らしいです。

私も、happyさんの、その話を聞いた時に、
以下の三つのリストを書き出す作業をしてみました。

・自分が楽しくなれるリスト

・自分がやりたい事リスト

・やりたくない事リスト(辞めたい事リスト)

自分が楽しくなれるリストと、自分がやりたい事リストは、
同じように見えるかもしれませんが、書き出してみると、
結構、違っていたりもします。

例えば私の場合だと、
・自分が楽しくなれるリスト
散歩する。音楽を聴く。旅をする。カラオケに行く。などなど。

・自分がやりたい事リスト
働かずに生活をする。引っ越しをする。毎日遊び歩く。海外に行くなど。

例えば、旅をすると、海外に行くは同じように見えますが、
楽しくなれる事リストは、すぐに出来る事に対して、
やりたい事リストには、今すぐには、出来ない事も含まれています。

そして、やりたくない事リスト(辞めたい事リスト)は、
くだらない人間関係を断ち切る。面倒な人と関わるのを辞める。会社を辞めるなど。
いわゆる、自分にとって、負担となっていること。マイナス面の排除です。

ちなみに、この三つのリストは、happyさんが、提唱しているわけではなく、
彼女の話を聞いた時に、私が、勝手に思いついた事なので、
あまり、役には立たないかもしれません。

だけど、引き寄せの法則の共通項は、
どうしたら、今すぐ楽しくhappyになれるかだと思う。
いい気分でいられる時間を長くする。
その為の努力は、必要。

多くの人は、そこに努力をせず、別の所に力を入れている。
だから、自分が楽しくなれない事を人や環境のせいにしていたりもする。

波動と周波数。自分の波動領域にない事は体験する事が、ない。
自分が発している周波数領域内の出来事を見たり、聞いたりしている。

>happyさんの話に戻りますが、今できる、小さな範囲のワクワクを、
地道に、コツコツ実践すると言う事であるそうです。
引き寄せも、コツコツと小さな、いい気分を積み重ねる事で、
大きな引き寄せが得られると言う事になるそうです。

happyさんの動画を拝見した際に、
簡単で面白いなと思ったのは、
アメリカか、どこかで、3人の
ホームレスの人が毎週、夢を語り合う事を、
10年間続けた結果、3人共、社長になった。
その中の一人は、有名なタイヤ会社の社長である。
それは、実話であるらしく、面白いなぁと感じました。

スポンサーリンク



-スピリチュアルな有名人 , 引き寄せの法則

Copyright© 思考の治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.