人間観察

調理師には、○○な人が多い。

投稿日:

精神障がい者の人の記事に続きまして、
調理師には、〇〇が多いと言う話をしたいと思います。

この事も、勿論、すべての調理師に当てはまるわけではありません。
調理師の中の一部の人達の話ではあります。
だけど、この事で非常に多くの悩まれる調理師の方もいます。

調理師には、自己愛性人格障害とサイコパスが多い。
〇〇に入る言葉は、自己愛性人格障害とサイコパスです。

中野信子さんの本にも、
調理師や弁護士、警察などの中には、
サイコパスの人が多いと書かれてありました。
勿論、それにしても、全体の中の一部の人の話です。

調理師と言うのは、職人だから、厳しい人が多いのですが、
本物の厳しさを持った人と偽物の厳しさを持った人がいます。
偽物の厳しさの人と働くと無駄な苦労や努力が増える事になる。

その人が本物の厳しさを持っている人か、
偽物の厳しさを持っている人かは、
その人の評価、評判、周りがその人を見る目で分かるものです。
周囲や世の中の人が、どれほど、その人の事を認めているか?
そこをよく見てください。

サイコパスや自己愛性人格障害の人は、
たいした腕もないのに、自分の腕は一流だと過信している人も多い。
だけど、残念ながら、誰にも認められていなかったり、
周りの人が煙たがっているだけであったりもします。
そのような人の元で働くと、余計な厳しさだけを投げつけられて、
得るものが少ないように思います。

そして、もっとやっかいなのは、腕がある、
サイコパスや自己愛性人格障害の方も、
少数ながらいると言う事です。

だけど、腕があるのであれば、自分がその人より立場が上なら、
それを生かすも殺すも、自分次第ですし、
その人より立場が下なら、技術を覚えるまでと割り切って、
その人の下で耐えるか。どっちにしても、その人を、
生かすも殺すも、あなた次第だと言う事になります。

だけど、耐えられずに逃げ出す人も多いですし、
その方が、正解だったと思えるような事も多いです。
だから、相手と自分の関係と、今、置かれている環境次第だと思います。

自己愛やサイコパスの人は、
異常行動が多すぎる人も結構いるので、
大事になる前に離れた方がいいケースもある。
そして、自己愛やサイコパスと言えども個人差は、あるでしょう。
だから、その人をよく見てください。

自己愛やサイコパスの人に多い特徴ですが、
自分の事を過大評価で、人の事を過小評価。
自分には、とことん甘く、人には、とことん厳しい。
だから、一緒にいるだけで、結構、疲れたりもします。

そのような人を雇っているのも問題かもしれませんが、
自分より立場が上の人には、弱く、自分より立場が下の者には、
とことん強かったり、八つ当たりをしたりするので、
その人より立場が上の人は、気づいていないかもしれません。

だから、腕がなくて、人格上の問題を抱えている人の部下として働くと、
本当に余計な苦労ばかりが増えるので、他の上司に相談したり、
場合によっては、他の所で修業するとう道を辿った方がいいかもしれない。

自己愛やサイコパスの人と関わるのも修行だと割り切れるなら、
それは、それで、メンタルが強いでしょうし、いい事かもしれません。
人間観察の勉強にもなるでしょう。

だけど、自分の精神がズタボロにされ、
人間不信に陥りそうだとか、自分自身が危険になりそうだと思ったら、
迷わず逃げ出して欲しいと思います。

本当に腕があって、料理にかける情熱が熱くて、厳しい人ならいい。
そのような人の元では、厳しくても耐えれば、いいと思う。
それが、耐えられないと言うのは、今回の話とは、関係がないので置いておきます。

だけど、人格異常者で、厳しいだけの人とは、
やっぱり、ちょっと距離を置いた方がいいと思います。
どのような距離の取り方をするかは、自分次第です。
今の職場で距離を取るか、完全に逃げ出すか。
それは、ケースバイケースであると思います。

スポンサーリンク



-人間観察

Copyright© 思考の治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.