引き寄せの法則 思考の治療

引き寄せの法則の共通項・Source

更新日:

色んな引き寄せの法則があります。
色んな切り口で多くの方が、語られています。
それをやって、効果を実感できた人も、
出来ていない人もいると思いますが、
引き寄せの法則を伝えている人には、
絶対的な共通項があります。

それは、Source(ソース)と呼ばれる、
宇宙エネルギー、大元となる源のエネルギーと
繋がると言う事です。

奥平亜美衣さんが頭の上のザルを開けるというような
表現をされていましたが、ザルの目が開いている時は、
Sourceと繋がっている。閉じている時は、繋がっていない。

この、大元のエネルギー、Sourceと繋がる為に、
好きな事をやった方がいいとか、
気分がいい事をやった方がいいとか、
居心地良く、心地良く、楽しく、
快適に、過ごした方がいいと言われているのですね。

Sourceと繋がっている人は、引き寄せの法則を、
知らなくても、引き寄せの法則が上手く働く。
Sourceと繋がっていない人は、引き寄せの法則を、
実践していても、引き寄せの法則が働かない。
いや、厳密に言うと働いているのですが、
いい事を引き寄せず、悪い事を引き寄せる悪循環に陥っていたりする。
(だけど、魂の進化がはじまった故のお試し期間の場合もある)

自分の好きな事が分からなくてもいい。
今、自分がやりたい事。今、気分が良くなる事。
今、楽しめる事。それらを継続していく。

大した事をしなくてもいい。
他人の目でなく、自分の感情が、楽しくなる事。

多くの人が間違えるのは、
お金があったら、あれしたい、これしたい。
自由な時間が出来たら、あれしたい、これしたい。
子供が大きくなったら、あれしたい、これしたい。

あったらとか、出来たらではなくて、今、出来る事。
今すぐ楽しめる事。それをやると言うこと。
だから、大した事をしなくてもいい。

お笑い番組を見る事でも、散歩する事でも、
寝る事でも、食べる事でも、ゲームをする事でも、
自分が本心から楽しめる事なら、何でもいいと思う。

私が個人的に好きなのは、ユーチューブを見る事ですね。
何故なら、お金もかからないし、時間的にも、
短いものが結構あるので、その中で好きな物を見つけて見る。
短い時間で楽しい時間を過ごす事が出来ます。

あとは、妄想も楽しい時間ですね。
あんな事や、こんな事、実現が不可能と思える事も、
妄想の世界では、実現が可能です。

寝て見る夢の中では、現実的でない夢を見たりします。
だから、妄想と言うのは、寝て見る夢に近いのではないか?とも思う。

Sourceと繋がっているかどうかの、確認方法ですが、
自分自身が、すべてが、満ち足りて幸せで、喜びいっぱい。
こんなに幸せでいいのか?と思っているような状態が、
Sourceと繋がっている状態です。

小林正観さんの、満ち足りて幸せな状態と言うのも、
宇宙のソースエネルギーの事を違う角度で、
伝えているのだと思います。だから、正観さんも、
バシャールも、エイブラハムも、角度が違うだけで、
伝えている本質的な部分は、同じであるように思います。

だから、その状態に、自分を持っていく為に、
引き寄せの法則では、色々な方法論が語られているのだと思います。
人生楽しんだ者勝ちと言う事です。

今、とても、そんな状態じゃない。それどころじゃない。
そんな気分にはなれない。と言うのも経験ですし、
それも、学びであると思います。だから、やる、やらないかは、
個人の自由ですし、個人の今、置かれている状況や状態も、
関係あると思います。だけど、Sourceと繋がった方が、
最終的には、やっぱり、自分が得をする事であると思います。

だから、多少なりとも興味があるのであれば、
出来る時に、Sourceと繋がれる事を試してみて欲しいと思います。
と言いつつも、私自身も、過去に繋がれた事は、ありますが、
今は、中々、繋がれていない状態であると思います。

だから、持続させる事も、難しい事だと思います。
だけど、それは、自分が本心から、
人生を楽しんでいないからだとも思います。
すべてが満ち足りて幸せな気分。

そこに至るまでの道筋は、一人一人違う。
個性が違うのだから、道筋も違って当然だと思いますが、
一人一人が自分の楽しい、好き、気分が良い。
それを追求していく事だと思う。

他人から見たら、どう思われるかとか、世の中から、おかしいと思われるとか、
そんな事は、関係がない。人様に危害を加えるような事は、
問題であると思いますが、奇抜とか変人とか、それは、個性だと思う。
人様に迷惑をかけない、おかしな事は、どんどんやった方がいいとも思います。

今は、これからは、個性の時代。一人一人が、
いかに、自分らしく生きるかと言う事であると覆います。

関連記事
「引き寄せ」の教科書

スポンサーリンク



-引き寄せの法則, 思考の治療

Copyright© 思考の治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.