スピリチュアル 日記

スピリチュアル脳波、シータ波になる方法。

投稿日:

スピリチュアルな世界では、
脳波や呼吸が大事だと言われています。
脳波を操るのは、呼吸でもあります。

ゆったりした、呼吸を続ける事で、脳波が、変わりやすい。
呼吸法は、色々ありますが、吸って、止めて、吐く。
あるいは、吐いて、吸って、止めて、吐く。それを繰り返す。

秒数も、7秒であったり、8秒であったり、12秒であったり、
20秒であったり、色々な説がありますが、
慣れないうちは、短くてもいいと思うし、
秒数も気にしなくてもいいと思います。
続ける事の方が大事です。

普段の呼吸より、ゆったりした呼吸。
それだけを、意識して、その呼吸を繰り返す。
慣れてきたら、吐いて、吸って、止めて、吐いて、
その一つ一つの感覚、秒数を長くしていくように意識する。

シータ波の他に、デルタ波や、アルファ波もありますが、
デルタ波は、熟睡状態の脳波なので、起きている間に、
それを出せる人は、非常に限られた人であると思います。

アルファ波は、シータ波になる前段階のようなものだと、
私は、勝手にそう捉えています。だから、アルファ波になる事が、
出来れば、その後、シータ波にも、入っていきやすいと思う。

そして、何としてでも、シータ波になるとか、
そのような気持ちは、ベータ波の状態だと思うで、
力を抜いて、リラックスして、心穏やかにする事が大事だと思います。

脳波を変える方法として、音や香りを利用すると言うものもあります。
音に関しては、それらの音源が、CDや動画など、溢れていますので、
探しやすいとは、思いますし、お香なども、色んな種類もあり、
購入場所も色々あるので、手にしやすいと思います。

だけど、個人的には、あれこれ手を出すよりも、
まずは、呼吸法を癖になるぐらいまで、やった方がいいとも思います。
呼吸は、自律神経のの中で唯一、自分でコントロールできるものです。

ただ、中々、継続と言うのは、難しいので、最初は、深呼吸。
深呼吸の繰り返し。暇を見ては、深呼吸。歩きながら深呼吸。
お尻の穴を閉めて深呼吸。深呼吸の繰り返し。
ちょっとした、暇な時間に深呼吸。両手を合わせて深呼吸。
これは、割と簡単に継続できると思います。
一日一回でもいい。忘れないように繰り返す。何度も出来る日には、何度もやる。
深呼吸を、お風呂の前やトイレの前などと、
他の動作と関連付けておくのも良いでしょう。

そして、時折、瞑想しながらなど、秒数も意識した呼吸法をやってみる。
いや、瞑想せずとも、鼻から息を吸って、鼻から、吐くと言う事を、
深呼吸の変わりに、始めてみるのでも、いいと思うし、効果もあると思います。

吸って、止めて、吐く。
吐いて、吸って、止める。
どちらでも、構いません。
いつでも、どこでも、できます。
ゆったり、ゆっくりやりましょう。
呼吸法に関しては、
政木和三さんの記事で簡単に触れています。

スポンサーリンク



-スピリチュアル, 日記

Copyright© 思考の治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.