みんなの仕事・体験談

佐川急便の仕分けは、大変なのか?

更新日:

よく求人誌で見かける佐川急便の仕分けのアルバイト。
楽で簡単で自由みたいな募集が出ているかと思います。

だけど、ネットで調べると、滅茶苦茶に過酷で、
大変だと言う意見も多いです。
実際にやっていた人の話を聞くと、
賛否両論に分かれるようですが、
体力的には、大多数の人が大変だと言います。

しかし、やる事や、覚える事が少ないので、
体力的に大丈夫なら、楽でもあるらしい。

昔は、怒鳴り声や罵声などが日常茶飯事でしたが、
最近は、そうではない、場所も増えているそうです。
だけども、場所や時間や人にもよるらしく、
昔ながらの罵詈雑言が飛び交う所も、あるらしい。

ドライバーさんも、昔は、お金になると言われましたが、
今は、それほどでもないようです。だけど、
仕分けの仕事とは、比べ物にならないぐらい体力を
使っているのは、間違いないと思います。

佐川でドライバーを何年もやっていた人が、
他の宅急便会社に転職すると、天国のように
楽に感じるそうです。

仕分けの話に戻りますが、最近は、
昼の時間帯なら、女性も結構、働いているそうです。
それだけ、仕事が細分化され、人員を増やしているから、
昔より、一人当たりの負担が軽いのかもしれません。

時間的にハードなのは、深夜帯で、
人間的にも気性が激しい人が多いのも、
この時間帯であるらしい。

私の体験談

私も、どんな感じか、体験してきました。

仕分けと言っても、いくつか種類があるらしく、
私は、荷引きと呼ばれる所をやりました。

荷引きで、しんどいのは、ベルトコンベアのスピードが
とにかく早すぎる。あのスピードに圧倒されると思います。
伝票の番号を見て、自分の担当する番号を引くのですが、
どこだ、どこだとやっている間に、流れて行ってしまう。

来る時は、連続的に来るので、次々に引かないと間に合わない。
それでも、私が、配属された所は、比較的、楽な場所であったそうです。
だけども、それでも、決して、楽ではないと思いました。

小さい荷物から大きい荷物まで、自分の背丈より高い荷物も流れてくる。
小さいから軽いと思いきや、めちゃくちゃ重いものがあったり、
デカイ荷物で、めちゃくちゃ軽いものがあったり、色々です。

重い荷物を持ち上げるわけではないのですが、
引くだけでも、それなりの力とスピードが要求されます。
それは、伝票番号を見るスピードも含めてです。
次の日は、体が痛い。そんな日が、しばらく続きました。

だけど、少し慣れて、大丈夫かなぁと思ったのも束の間、
今度は、、PDTと呼ばれる端末を打ちながら引く、
と言う事が要求されたりします。
(どこの場所でも、そうなのかは、分かりません。)
引くだけでも、いっぱい、いっぱいなのに。。。

端末も上手く打てなかったりして、
これで私も、もう、無理かもと思いました。
みんな、忙しそうにしているので、
中々、聞けないような雰囲気が漂っています。

そして、またしばらく経つと別の所に配置されたりで、
引く番号が、いっぱいあって、その番号が覚えられない。
覚えられないから、引けないと言う悪循環。
もう、無理かなぁ、無理かもと思いながら出勤しました。

だけど、ネットでよく見るような罵詈雑言は、まず、聞きませんでしたし、
結構、いい人が多くて、いい感じの職場であったとは思います。
深夜帯の時間帯を避けて入ったからかもしれませんが、
どちらかと言うと温厚な方が多かったように思います。

小物などを仕分けるので、女性も結構いましたし、
男性も、痩せている人も、結構いました。
歳いってるなぁと思える人もいました。
だから、ある程度のスピードが大丈夫で、
ある程度の体力があれば、荷引きの仕事は、
大丈夫なのかもしれません。

某掲示板では、動体視力と体力があれば、大丈夫だと
書かれていたりしますが、多少の記憶力や応用力が必要だとも感じました。

だけど、どこに配属されるかによって、全然、違うようですし、
ネットで見るように、場所によっても、全然、違うようです。
時間帯によっても、違うと思います。
何本も引くような所に配置されたら、
やっぱり、ハードだと思います。

だから、結局、行ってみて、やってみない事には、分からない。

中には、楽な場所もあれば、他の人が大変だと言っている場所へ行っても、
思ったほど大変じゃないなぁと感じたりする人もいると思います。

結論的に、大変には、大変でしょうけど、昔ほどではない。
その分、昔のように、お金にはならないと言う事情もあると思います。
そして、やっぱり、問題は場所と人かなぁと思います。

だから、結論的に、実際に行ってみて、やってみて、
無理だったら辞めればいいと言う事になるかと思います。
佐川急便の仕分けは、すぐに辞める人も多いそうなので、
それに関しては、雇う方も、なれていると思います。
だからこそ、人手不足で、一人一人の負担が大きいのかもしれない。

だけど、ネットの情報は、あくまでもネットの情報。
実際に、自分の目で確かめてくる事が、
何よりもの証拠になると思います。

しかし、佐川急便に限った事ではなく、
肉体労働全般の仕事に関する意見ですが、
雇用の前に、体力測定のような事は、
やっといた方がいいのでは?と思いました。

その仕事で使う必要最低限の体力があるかどうかを
期間工などでは、それらのチェックを行って、
配属先を決めると言う事が行われているそうです。
(今も、やっているかどうかは、知りません。)

そして、私が、佐川急便の仕分けバイトを体験してみて思ったのは、
人数を増員して、一人一人の負担を減らし、
作業の細分化をした方が、結果的に、効率がいいと思うんですね。

とにかく、辞める人も多いのですが、長く続ける人が増えれば、
一人一人の負担が減る。結果、みんなが楽になる。
それぞれの場所に一人ずつ、補助員みたいな感じで誰か専属でいれば、
だいぶ、効率が良くなると思います。

だけど、それが、中々、出来ないのは、人手不足が続いてるからだと思う。
そして、掲示板などで見ると、すぐに辞める人や、バックレる人や、
辞めようかどうか迷っている人など、色々いるようですが、
新人が辞めた所で、周囲への支障はないでしょう。

そして、新人を、ゆっくり教える時間や環境と言う余裕がないのも、
佐川急便の問題点であると感じました。

時給的な事を考えても、仕事内容が、もっと楽で、
同じぐらい貰える所は、いくらでもあると思います。
だから、仕事内容を、もう少し楽にしなければ、
人は、他へ流れて行ってしまうでしょう。
いや、そうなっているからこそ、いつでも、人手不足なのかもしれないです。
これを改革しようとしないのが佐川急便の問題点であるような気がします。

残るのは、ベテランだけ。新人は、すぐに辞めていく。
ベテランは、いつも忙しい。休む暇もない。
忙し過ぎて、新人がチンタラやっていれば、
ただでさえ忙しいのに、自分の仕事が増えたり、
余計な負担が増えたりで、イライラして当たり前のような環境。
怒鳴って当たり前のような状況だと思います。

新人が辞めて、また、新人が入る。また、辞めていく。
新人だけなら、まだしも、ベテランでも、
腰を痛めて辞めていくなどの問題もある。
何故、この悪循環の連鎖を断ち切ろうとしないのかは、疑問であります。

それこそ、一人一人が一人前に育つまで、
マンツーマン指導ができるような環境。
そんな風に変えて行く改革が必要であるように感じました。

そして、佐川で働くなら、
仕分けより、セールスドライバーより、
長期的に長く続けるなら、
輸送ドライバー(大型免許必須)の方が、
魅力的に思えました。思えただけで、
実際は、違うかもしれません。

だけど話を聞く限り、輸送ドライバーは、
佐川急便直の雇用ではなく、
外部のトラック会社の人達の方が多いらしいです。
それでも、毎日の積み込み、積み下ろし作業がある。
その後に運転。やっぱり大変だと思いますが、
運転時間の方が長いので、精神面とか、対人面の負担が、
仕分け作業員やセールスドライバーより、少ないように思えました。
しかし、そのように思うのは、大型車の運転も、
長距離の運転も、やった事がない私のやっかみかもしれません。
だけど、金銭面に関して言えば、割には合わないかもしれませんが、
やっぱり、大型乗っているだけの事はあると思います。

仕分け作業に関して言えば、
私は、毎日、行くべきか、
辞めるべきかと迷いつつ通いましたが、
何か大きな嫌な事があれば、
辞める方に傾いたと思います。
だから、体力云々の問題も多少はあると思いますが、
一週間、二週間も経てば、体は、ある程度慣れるわけで、
結局、続く、続かないは、環境の面の方が大きいと感じました。

しかし、まぁ、あのハードな仕事内容で、
夜間のファーストフード店や、
コンビニのバイトと同じか、
それ以下の時給と言うのは、
やはり、何らかのメリットがなければ、
ある意味、辞めて当然かもしれません。

だから、いつまでも、人手不足の問題が解消されない。
少ない人員で、一人頭の負担が多いので、
イライラしやすくなると言う問題も出てきますし、
誰が、いつ抜けても、上手く回るようにした方がいいでしょう。

人は、次から次へと入って来るのですから、
多くの人が残れるような職場作り。
その結果として、自分が楽を出来ると言う流れを
今まで作ろうとしてこなかったのか?
それは、疑問に感じた部分であります。

そして、これから、佐川急便で、
仕分けのバイトを始める方へアドバイスをするなら、
いきなり夜勤の、10時間や12時間労働は、しんどすぎるから、
まずは、短い時間から入って、体を慣らした方が身の為かもしれません。



スポンサーリンク



-みんなの仕事・体験談

Copyright© 思考の治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.