世の中の事 日記

カラス対策

投稿日:

カラス対策のグッズなども、
色々、販売されていますが、
カラスは、日々、学習するので、
同じものでは、段々、効力が薄くなるなどの事があります。

アマゾンで、色んなカラス対策商品の
レビューを見ましたが、高評価もあれば、
全然、効果がなかったと言う低評価も多い。
それは、どの商品でも、同じである。
最初こそ効果を発揮しても、やっぱり、
ずーっと同じ物では、ダメなのかもしれない。

だから、効果がある最新の物を定期的に、
変えていく必要があるのかもしれません。

ゴミ捨て場などが、早朝に、
カラスに荒らされている光景も、よく見かけます。
そして、カラスも、また、巨大化しているようにも感じます。

スピリチュアルな、カラス対策だと、
カラスとテレパシーを取って話をすると言う事もあるようです。

ゴキブリが逃げると言う周波数の音があるようで、
そのようなグッズも売られています。効果のほどは、分かりません。
だけども、カラスにも、苦手な周波数領域の音があると思います。

カラスは、仲間と連絡を取り合う際に、
音で通じ合っていると言う話もありますし、
仲間に危険を知らせる音があると言う話も聞きます。
人間も、苦手な音があったりします。
カラスにも苦手な音があると思います。

その音が鳴る装置をゴミ出しの日に、置いておく。
これは、名案だと思いましたが、こんな事は、
色んな人が思いつきそうな事で、
現状、普及していないと言う事は、
問題があるのか、効果がないのか、う~ん。
カラスは、頭がいいから、それでも気づくのだろうか。

しかし、カラスの立場になって考えてみれば、
お腹ペコペコで、どうにもならい状態で、
多少の騒音があろうが、餌にありつこうとするのではないでしょうか?

だけども、音であれば、毎回、周波数領域を変えて、
カラスの苦手な音を探るだけなので、
他のカラス対策グッズよりは、
対策の見込みがあるのではないか?とも思います。

う~ん。でも、カラスは、観察力があるらしく、ダミーの罠か、
そうでないかを、しばらく経てば見破ってしまうようで、
カラスの嫌いな音が、万能薬とは、ならないのかもしれない。
そう考えると、人間より、カラスの方が、一枚上手なのかもしれない。

だから、やっぱり、カラス対策は、ずーっと同じ物では、効果がない。
対策方法を更新していく事が必要なのだと思います。
パソコンのウィルスと同じで、カラス対策は、
いつも、最新の物を使わないといけないのかもしれません。

昔は、案山子などが、田んぼに置いてあったり、しましたが、
最近は、見かける事も少なくなりました。
効果が薄くなったのと、見た目が悪いなどの理由もあるそうですが、
現代であれば、より、人間に近い案山子も製作可能だと思うので、
より、リアルに近い、案山子、これは、どうですかね?
防犯対策に使われているように、センサーで、音が鳴るとか。
案山子には、普段から、カラスの苦手な周波数領域の音が鳴るようにもしておく。

それでも、しばらく経てば、カラスは、克服してしまうのでしょうか?

カラスが、学習してしまう以上、今の所、
ゴミ出しの集客ボックスを、頑丈にするしか、
万全な方法は、ないような気がします。
設置に、お金がかかるなどの問題がありますが、
カラス問題に頭を悩まされ、ゴミ収集種の仕事の人なんか、
荒らされまくっているゴミ捨て場を見て、本当に大変だと思うので、
長期的に見たら、こっちの方が安全なのかもしれません。
ただ、ゴミの量を把握していないと、ボックスに収まり切れないとか、
蓋が空いてれば、カラスに突つかれるなどの事もあるかもしれませんが、
ゴミ出しネットで、外に無防備にしているよりは、安全だと思います。

スポンサーリンク



-世の中の事, 日記

Copyright© 思考の治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.