読書

マンガでわかる お金と引き寄せの法則

更新日:

マンガでわかる
お金と引き寄せの法則
著者 みちよ
出版社: SBクリエイティブ

この本を読んでみました。

私を含め、引き寄せの本を
たくさん読んでいても、
中々、人生がよくならなかったり、
相変わらず、お金に不自由している人は、多い。

この本は、そんな方の為に、書かれた本でもあるそうです。

例えば、お金が入って来ないのは、
お金に対する、思いや意識が変わっていなかったり、
間違っていたりする為であるそうです。

思い、感情、意識、それらのものが、
現実世界で同じモノを引き寄せる。

そして、お金には、お金特有の引き寄せ方法があるらしい。

お金を使った後に得たい感情。
例えば、寂しさなどを埋める為に、
お金を使っていると気づく事。

どんな欠乏感があって、お金を使うのか?
それに気づいて、その欠乏感を自分で埋める。

だけど、読みながら思ったのですが、
生活費だけで、すべて、なくなる人や、
生活費すら足りていない人は、どうするのか?
と思いましたが、生活費が足りない事が当たり前と言う、
思考や感情があるんですよね。

ここが変わらないから、貧乏から抜け出せない。
そんな中でもご飯が食べられているとか、
住む家があるとか、みつけて、感謝を深める。

引き寄せとは、充足感が充足感を引き寄せる。
だから、現状で、充足を感じること探しでもあると思う。

お金は、人の意識によって、動いているらしい。
お金は、心の中の思いによって増えたり、減ったりするらしい。
外界の苦労とか、運命とかは、関係ないらしい。

お金を持つ人が、どんな意識を持っているかによって、
お金は、近いづいたり、離れたりしているらしい。
私の意識によって、お金が近づいたり、離れたりしている。

内側に「ある」ものは、外側(現実)にも、「ある」事になる。
だから、内側に、お金があって、嬉しいと言うような喜びの心を
先に持たないと外側である現実にも、お金が出てこない。

だから、お金がない人は、少ないお金で、
めちゃくちゃに、嬉しくて喜びの感情を持った方が、
現実的にも、出てくるのかもしれない。
だけど、いい大人が100円や200円のお金で喜べない。
だけど、それをやった方が、その金額も増えていくのだと思う。

実際に、インターネットでお仕事をされている方など、
最初は、1円や千円の報酬であった人や、
一件目の仕事の依頼で大喜びした人の方が、
継続して続けられていて、収入も増えているように思います。

豊かになりたいなら、先に豊かさの波動を出す事。
これは、引き寄せの話では、当たり前のように言われている事です。
だけど、やっぱり、多くの方が、実践できていないように思います。

私達は、充足よりも、不足に目が行きやすい。
今月の支払いどうしようとか。足りない。お金入らんかなぁとか。
貧乏であればあるほど、そんな事ばかり考えていたりします。

だから、その意識を一旦は、別の事に向けて、
なるようになると、思う事が大切なのかもしれない。
楽しい感情、喜びの感情。こちらに意識が向くような事をする。
貧乏であれば、それをお金を使わずに出来る事を見つける。
ないない眼鏡を、あるある眼鏡に変えてみる。
私の個人的な解釈だと、こんな感じになると思います。

お金は、喜びの循環であるらしい。
喜んでお金を稼いで、喜んでお金を使えること。

貧乏人は、苦しそうな顔をしている人が多い。
そこを喜び、楽しむ事に変える。
こんなに辛いのに、笑ってられない。
楽しめない。辛くてしょうがない。
と言う意見が多いと思いますが、
そこを変える事で現実が変わるのだとも思います。

多くの人が間違えるのは、お金がないから欲しい。
それでは、引き寄せられないらしい。
~足りていないから、お金が欲しいだと、
足りていない方が引き寄せられる。

お金だけでなく、不足の波動は、
すべての不足を引き寄せる。
だから、恐ろしい事でもあると思います。

お金を使って喜びを感じること。
お金を使わないと喜びを感じられないこと。
この二つの言葉をよく見てください。
この二つには、天と地ほどの波動の差があるそうです。

不足の解消で、お金を使わない方がいいらしい。
分かりやすく言えば、お金が足りないから、
増やそうと思って、ギャンブルをやると言った感じかもしれません。

感情は、強い波動なので、不足や、不満などの感情は、
現実にメチャクチャに影響を与えるらしい。
逆に楽しさや喜びの感情も同じである。
喜べば喜ぶほど、喜びの現実が引き寄せられる。
嫌だ嫌だの波動は、それを引き寄せる。

楽しい事や嬉しい事は、待っているだけでは、ダメ。
自分から探しに行く事。でも、それは、何処かに
行く事ではなくて、今、置かれている状況や、
環境の中から見つけていく作業でもあると思います。

だから、感情的に、自分を満たされた状態にする事が、
やっぱり、引き寄せのコツと言う事である。

お金は、稼ぐ時よりも、使う時の意識で循環するらしい。
お金の問題は、実は、お金以外の問題である事が多いらしい。
お金以外の問題が、お金が足りないと言う現実になっているらしい。

そして、自分が貧しいと感じていれば、
貧しいが引き寄せられるので負のスパイラル。
だから、やっぱり貧しい中にも幸せを見つけ、
より多くを感じる事だと思います。

引き寄せは、内側の波動が外側に出ると言うもの。
だから、内側がどうしたら、満たされるのか?
それを実践していく事に、他ならない。
内側の反映が外側であるのだから、
すべては、自分次第と言う事にもなると思います。

そして、お金に対して、多くの人は、
幼少期の頃に、ネガティブの感情を植え付けられているらしい。
私にも思い当たる節は多々あります。
親が借金を抱えていたので取り立ての電話。
事業をやっていたので会計士が家に来たりしていて、
子供である私がお金を触ろうとすると、
触るな!とよく怒られたものです。

そのような子供心に親などから、
植え付けられた、お金に対する、
ネガティブ感情を解放することも大切なようです。

欲しい物があるなら、既に、それを手にしている気分になる。
その気分と同調した物が引き寄せられてくる。

まとめ

私の現実は、私の心で出来ていると言います。
お金も例外では、ありません。

心の中が満たされたものであるのなら、
現実的にも、満たされた状況が現れます。
心の現われが、現実です。

心の中が不足であるのなら、
現実にも、不足な現実が現れます。

心が先、現実が後。
思考が先、現実が後。
感情が先、現実が後。

現実は、すべて後から、つまり結果であります。
波動の世界では、すべての出来事は、自己責任。
見えない因果があって、見える現実と言う結果になる。

足りないと言う不足の思い、その波動が、
また似たような現実を創り出します。

だから、やっぱり、どこかで、その思いや感情を、
作り変えて行かないと現状は、変わらない。

勿論、現実的に、やるべき事は、やっていくのですが、
心の状態が変われば、現実も変化します。

意識的にも、今、足りている部分に、意識を向けるのか?
不足の部分に意識を向けるのか?
不足にばかり意識を向けていれば、不足な現実しか現れません。

多くの人は、今、目の前の現実に捉われ過ぎています。
気持ち、意識、感情、思い、こちらの問題なので、
現実を敢えて見て見ない振りをする事も必要です。

どうやったら、自分が満たされ感を感じ取れるか?
と言う問題なのです。実際に、それが出来た人が、
貧乏人から、金持ちへの変容を遂げています。

お金がないから、楽しくない、つまらない、
やりたい事が出来ない、などなど。
これって、不足や不満の波動です。

今、何が出来るか?
今、出来る事で、楽しむ事、
今、ある幸せを噛みしめる事。
そして、お金を求める事は、全然OK。

世の中、お金じゃないと言う人がいますが、
お金だけじゃないと言う事で、
お金じゃない、お金じゃないと、
やたら言うのは、お金の悪口でもありますし、
そのような人は、実際には、それほど、
お金に苦労した事がないのかもしれません。

お金がすべてではないですが、
私達は、お金の恩恵を受けて暮らしています。

しかし、足りない、足りないと言って求めるよりは、
心の中で、充足感、満足感を作り出し、
結果として、お金が入って来る方がいいですね。

関連記事
波動を使ってお金を得る
金持ちと貧乏の差は、感情?

スポンサーリンク



-読書

Copyright© 思考の治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.