人間観察

人間観察40年のプロ、小林正観さんの話

更新日:

Water326menko / Pixabay

小林正観と言う方がいます。

もう亡くなっておられますが、
今、スピリチュアルな事を語って活躍している人の中にも、
彼の影響を受けた人は、多いようです。

正観さんは、難しい事を、
分かりやすく簡潔に伝えている。
作家でありながら、お坊さんのような人でした。

人の手相や人相も見れて、
30年の間に、6万人ぐらいの人を
見てきたそうですが、普段、その人が、
どのようなことを考え、
どのような言葉を口に出しているか、
それらの事がすべて人相に現われてるそうです。

だけど、悪いモノを変える事は、難しい事をせずとも、
意識的に、ありがとう、うれしい、楽しい、
ついている、愛している、というような
肯定的な言葉を言っているうちに、
その人の人相も人格も変ってくるらしい。

楽に楽しく生きる。
そんな方法を本や講演会を
通じて伝えていた人です。

正観さんの有名な話。

過去に投げかけたモノが、
今、返ってきている。
今、投げかけたモノは、
未来に、返ってくる。
返ってくる時は、倍返し。

寝食を忘れて、
沢山のモノを投げかけると、
沢山のモノが返ってくる。

ありがとうを数多く言うと、
ありがたい奇跡が起きる。

謙虚とは、控えめの事ではない。
お陰様と、感謝できる事である。

幸福と不幸は、卵構造。
幸福の前半部分が、不幸と思える事。
卵の白身と黄味の関係。
不幸と言う白身を通らないと、
幸福と言う黄味に会えない。

宇宙のすべては、
ゼロ現象で、
幸福と言う名の現象もなければ、
不幸と言う名の現象もない。
私達が、勝手に色付けをしている。

今のあなたに、今のすべてが、ちょうどいい。

すべての存在は、喜ばれる為に、ある。

誤解されても、勘違いされても、
ただひたすらに後ろ姿を見せ続ける。

実践、し続ける事が大事。
忘れてしまうのは、実践していないから。
実践とは、掃除、笑い、感謝の、そわか。

トイレ掃除を、し続けると、
お金と仕事に困らなくなる。

実践とは、し続けること。
楽しいと言う意識や感覚も、
し続けると言うこと。

愚痴、不平不満、悪口、文句、泣き言などの
五戒を言わない方が宇宙は、味方してくれるそうです。

人生は、すべて決まっている。
100%決まっている。
だけど、100%決まっている事を、
100%受け入れた時に、
100%自由になると言う、
不思議な構造になっている。

勿論、正観さんの話にも賛否両論ありますし、
自分が受け入れられる部分だけ、
受け入れれば、いいと思います。

魂の設計図の記事でも私が思う所を書きました。

合わない事や、合わない人を、
わざわざ、取り入れる必要は、ないと思います。
自分が心地良いと思えるモノを取り入れた方がいい。

そして、小林正観さんが言う所の、
実践に関しては、愚痴や不満などの、
五戒を一切、言わないと言う事は、
やっぱり、難しいです。

私自身の人生の中でも、
どうしようもないような、
嫌な人が目の前に現れたりで、
怒ってしまったりする事があります。

だけど、それで、
嫌な人間関係を断ち切れたりもしたので、
それが、必ずしも、悪い事だとは、思っていません。
むしろ、よかったとさえ、思っています。

だから、五戒を一切言わないと言う所に、
踏み切れるのは、かなり難しい事だと思う。
やろうと思っても、人生の中では、
色んな人と出会い、色んな事が起きるので、
どんな事があっても怒らないと言うのは、
私にとっては、一番難しい事であると思う。
他の方にとっても、そうかもしれません。

だけど、本気で怒る事は、
年に1度や2度ぐらいのペースで、
あるか、ないか、ぐらいであるので、
自分的には、合格であると思っています。

だけど、今は、言葉も、口に出して言わなくても、
愚痴や悪口、批判などを、ネットやメールで、
簡単に書けてしまう時代でもあるので、
言わないだけじゃなくて、五戒を
書かない事にも、気をつけないと、いけないのかもしれないですね。

預言者のコラム

預言者のコラムと言うアメブロをされている方がいます。
有名人のカルマを見ているのですが、
結構、厳しい感じのカルマの人が多いようです。
小林正観さんにもカルマは、あるのですが、
来世に持ち越したカルマもなく、
わりと良い感じの事が書かれていたと思います。

スポンサーリンク



-人間観察

Copyright© 思考の治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.